« お友達紹介制度「どこ・フレンズ」〜みんなで一緒にどこ・イルカ〜の発表 | ニュースリリーストップ | どこ・イルカmini導入事例を公開しました。 »

関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」で活用されます。

立正大学と熊谷市との産学官連携協定の一環として、地球環境科学部環境システム学科後藤研究室と共同で、どこ・イルカが7月20日〜22日に埼玉県熊谷市で行われる、京都の八坂神社の祇園祭の流れを汲んだ関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」(来訪者70万人以上)の山車(だし)の位置情報検索システムとして活用されることが決まりました。

12の山車にそれぞれ「どこ・イルカmini」が設置され、希望来訪者には応援している山車がどこにいるか自分のケータイで確認できるサービスです。
うちわ祭り参加の際には、是非ご体験ください。

※登録方法等は現地当日のご案内にてご確認ください。

公式サイト
うちわ祭り公式ホームページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dokoiruka.jp/cgi-bin/mvt/mt-tb.cgi/322

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」で活用されます。:

» 「どこ・イルカ」が「熊谷うちわ祭り」で利用 from ANOTHER WILLCOM NEWS
子どもの防犯・高齢者徘徊・位置検索「どこ・イルカ」ニュースリリース: 関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」で活用されます。 どこ・イルカが7月20日〜22日... [詳しくはこちら]

» 産学官+CSO連携 from 呼子CSOブログ
 現在、唐津市では2010年4月の開校予定の早稲田大学系属早稲田佐賀中学校・高等学校(仮称)の建設が急ピッチで進められています。@@@@@@@@@@@@@... [詳しくはこちら]