« 春はどこ・イルカの季節!? | メイン | 【コラム】小学校の防犯事情。 »

【コラム】携帯電話の健康への影響<電磁波>

ハジメマシテ 照れる

 

今後不定期にこの防犯ブログを担当させていただきます 隠れキャラ「碧イルカ」 と申します。

 

私「碧イルカ」では、玉石混合の如く世の中に氾濫する様々な防犯情報や、どこ・イルカに関係する学術的情報を当業界に携わる‘プロの見地’から皆様にご伝達できればと考えております。

 

<碧イルカ 簡易自己紹介です>                                                【性別】男 

【血液型】マリンブルーのようなA型 

【特技】イルカサーチ 

【最近驚いた事】赤ちゃんの‘ハイハイ’は以外に高速であり非常に俊敏である。                   

【一言】

まだまだ‘バブーな男の子’の子育てを通じて「子どもの健康」と「子ども防犯」、そして世の中の「安心・安全」をライフテーマとし、湾岸沿いに生活する30代です。

 

・・・・・と自己紹介は、このへんに致しまして、

 

先日、以下のようなニュースが各方面に大々的に報道されていたので、ご存知の方も多いかと思いますが、今回、携帯電話の「電磁波」が人体に及ぼす影響について記載します。

 

子どもが携帯電話を使っている、あるいはこれから防犯のために携帯電話を持たせようと考えているご家庭では、一方ならず心配になる情報です。 叫ぶ

 

〜ニュース記事「ロイター」一部抜粋〜

IARC発表:英語:PDFファイル

 http://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2011/pdfs/pr208_E.pdf

(内容) 

世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は31日、携帯電話の頻繁な利用によって特定の脳腫瘍が引き起こされるリスクが高まる恐れがあるとの見解を示し、消費者に対し影響を最小限にとどめるための措置を講じるよう促した。

14カ国の科学者31人から成るIARCのチームは、携帯電話が健康に与える影響について入手可能な全ての科学的証拠を調査。

その結果、携帯電話の使用について、5段階で示される発がんリスクのカテゴリーで、上から3段階目となる「発がん性が疑われる(possibly carcinogenic)」に位置づけた。

このカテゴリーには他に鉛、クロロホルム、コーヒーなどが含まれる。

調査チームは、より明確な答えを得るには長期間にわたる詳細な研究が必要とした上で、今回の判断を受けて、WHOが携帯電話の使用に関するガイドラインを見直す可能性があるとの見方を示した。

WHOは過去に、携帯電話の使用とがんの関係を示す明確な証拠はないとの見解を示していた。

IARCのチームを率いたジョナサン・サメット氏は電話会見で、原則的に関連する全ての証拠を調査した結果、携帯電話の電磁波について発がん性が疑われるとの判断を下したと説明。

一部の証拠では、携帯電話の使用と神経膠腫(グリオーマ)と呼ばれる脳腫瘍のリスク増加との間に因果関係が示されたと述べた。

携帯電話の発がん性をめぐる調査では、これまで明確な因果関係が示されていなかったが、今年2月の米国の研究では、携帯電話の使用が脳細胞の活動に影響を与えると指摘している。

IARCのディレクターを務めるクリストファー・ワイルド氏は、特に長期間にわたる携帯電話の頻繁な利用について、一段の調査が行われることが重要と指摘。「さらなる調査結果が明らかになるまでの間は、携帯電話のハンズフリー機能やメール機能を用いて(脳への電磁波の)影響を軽減するなど、実際的な取り組みを行うことが大事だ」と述べた。

 

(抜粋、以上↑ )

 

携帯電話の‘電磁波’が、発がん性や子どもの脳(人体)へ与える影響について、特に医学の分野にて学術・論文などが多く発表されており、日本でも、この電磁波を一定量以下に抑えることを法律で定めております。

 

この携帯電話の電磁波においては、「携帯電話 v.s PHS 」でよく比較されておりますが、

 

PHSは医療機器などへの影響が少ないことから、数多くの病院内で使用されており、また、Dr.や看護師が病院内で使用しているものは、ほぼPHSだということは以外に知られておりません。 驚く

 

このような発表が世間を賑わす中で、『子どもが所持する携帯電話の健康への有害性』について今一度ご家庭でも討議されてはいかがでしょうか?

 

 PS: 

どこ・イルカは「PHSの電波網」を使用したサービスです。

どこ・イルカ  http://www.dokoiruka.jp/

« 春はどこ・イルカの季節!? | メイン | 【コラム】小学校の防犯事情。 »